動画編集トラブル1:Macのディスクが一杯

動画編集トラブル1:Macのディスクが一杯

私のクライアントである、女性起業家Aさんから、Macの動画編集でご相談いただきました。

========
1日セミナーを実施し、ビデオカメラで動画を取りました。
SDカードに記録したものをMacから取り込み、iMovieで編集してYoutubeにアップしようとしているのですが・・・
すぐにMacのディスクが一杯になってしまい、先に進めません。
Mac本体にはファイルを残さず、Dropboxに保管しているはずなのに。。
受講してくれた方々に早く動画を公開したいのに。。。
今日もMacと格闘して1日が終わってしまい、虚無感で一杯です(泣)。。。。
=======

キーワードを赤字にしてみました。

あなたもMacでの動画編集で、領域が確保できずに悩んだことはありませんか?

一通り、Mac上のファイルを削除する一般的な方法を試してみましょう。

こちらの記事が秀逸ですのでご参考まで。

【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

それをやった上で、今回のケースでは、iMovieとDropboxが領域不足の原因でした。

まず原因を詳細に見ていきましょう。

原因1.iMovieの「ライブラリ」に過去取り込んだ動画がたくさん残っている

過去取り込んだ動画って編集後、そのままにしていませんか?

これがMacのディスクを圧迫する原因の一つになります。

 

原因2.Dropboxに保存しているファイルのほとんどが、Mac上にも存在している

Macに入り切らないファイルを保存しておこうとクラウド・ストレージを契約しても、クラウドにあるのと同じファイルが、Macにもそのままある。という人がほとんどかもしれません。

今回のケースではDropboxでしたが、Googleドライブなど、Dropbox以外のストレージでも同様に、双方に同じファイル群が存在するとディスクを圧迫します。

原因がわかったので、次にiMovieとDropboxに根本対策をしていきましょう。

対処1.iMovie上で不要な「ライブラリ」を削除する

SDカードに記録された動画ファイルは、iMovieの「ライブラリ」に取り込まれているはず。これを放置しておくと「iMovieライブラリ」というファイルが肥大してディスクを圧迫します。

iMovieから、古くて不要な「ライブラリ」は削除しましょう。

対処2.Macに必要のないファイルの同期設定をOFFにする

恐らく、DropboxとMacの同期用にDropboxアプリをインストールしていると思います。

このアプリで、Dropbox、Macの双方にファイルを置くフォルダの設定ができます。

この設定画面でMac、Dropbox双方に置きたいファイルのあるフォルダを選択します。

逆に言うと、同期しなくてもいいフォルダはチェックを外して下さい。

完了したら、mac上でチェックを外したフォルダのファイルを削除します。

インストールしたまま何も設定していないと、Dropbox上にあるフォルダにあるファイルすべてがMacと同期されてしまいます。

それだと、せっかくのクラウド・ストレージの意味がないですね。

なので、本当に同期したいものを除いて、他は同期設定を外しましょう。

あと、頻繁に編集しないとやり方をすぐに忘れます。一度覚えたやり方は、メモしておきましょう。

まとめ

動画編集の際、Macのディスクが一杯になる原因は

  • iMovieの「イベント」に古いファイルが溜まっている
  • DropboxとMacの同期設定により、双方に同じファイルが存在

対策は

  • iMovieから不必要な「ライブラリ」を削除
  • Dropboxの設定で、不必要なフォルダの同期を解除し、Mac上で解除したフォルダにあるファイルを削除

でした。試してみてくださいね。

苦手なITはひとりで悩むな!

動画編集は習得までにある程度の時間がかかります。

それを考慮して、上記の作業を自力でやるか?他力に頼るか?経営者目線で判断する。

あなたのビジネステーマとまったく関係がないなら、お金を払って専門家に任せてしまう!というオプションも覚えておいて下さいね。

 

きれいに流れるWeb集客の仕組み化の専門家 林宏保

■メルマガ『きれいに流れるWeb集客の仕組み化7ステップ』 無料で配信中:こちらから

 今ならすぐに使える3大特典をプレゼント中。

 

コメントする

*
*
* (公開されません)

eight − 4 =

フェイスブックにコメントする