キーチェーンのパスワードを何度も聞かれる:Mac

キーチェーンのパスワードを何度も聞かれる:Mac

今回の質問は、私のクライアントさんからいただいたものです。

普段Macを使っていて、キーチェーンって聞いたことあるけど、何だっけ?という方は一読されることをオススメします。

Q.いつもMac Bookを使っています。最近海外に出張したときに、Wi-Fiを設定しようとして色々といじっていたときに、キーチェーン?の設定をさわってしまったのかしら?キーチェーンのパスワード入力をくり返し求められるようになってしまいました。これどうにかならないの?

A.断定はできませんが、Mac Bookのログイン用パスワードを変更していないでしょうか?

パスワード入力がくり返し求められるのは、このMacOSへのログイン・パスワードと、キーチェーンのパスワードが一致していないことが原因です。

MacOSのログイン・パスワード? キーチェーンのパスワード?ん・・・何を言っているのか、よくわからないな・・・

スミマセン、Macのキーチェーンって、ホントわかりにくいですよね。対処の方法も含めて、詳しく説明しますね。

キーチェーンってそもそも何?

このキーチェーン、正式には「ログイン・キーチェーン」といいます。文字通り、キーをたばねるチェーンのことです。

WebブラウザであるSafariでログインが必要なサイトにアクセスすると、IDとパスワードが自動で入っているのを見たことありますよね?

ログイン・キーチェーンは、こうしたサイトにアクセスするときに必要となるIDとパスワードの組み合わせを記録して持っています。イメージとしては、下記のような感じです。

なお、ログイン画面(IDとパスワードを入力する画面)は、施錠がしてある「錠前」(じょうまえ)に例えられます。

錠前に合うカギ(IDと+パスワード)が入れられると、目的のWebページにアクセスできるようになります。

キーチェーンは、Safariからアクセスしたことのある複数サイトのカギ(=ID+パスワード)をたばねているカギ束です。

キーチェーンってとっても大事な役割を持っていることがわかりますよね?

ところで、このキーチェーン自身にも、利用するための錠前がついています。

Safariから各サイトの画面で、ID/パスワードが自動で入った状態でログインするためには、このログイン・キーチェーンの錠前を開けるための、カギ(=パスワード)が必要になるんです。

これが、何度も入力を求められる、ログイン・キーチェーンに設定した「パスワード」の正体です。

キーチェーンのパスワードをくり返し聞かれる原因

キーチェーンは何者か、何となくわかった。でも、今までは、キーチェーンのパスワードなんて聞かれていなかったのに、なんで何度も聞かれるようになったの?

実は、キーチェーンのパスワードは、Mac OSにログインするときのパスワードと一緒です。

MacOSのログイン・パスワードを変更すると、キーチェーンのパスワードも一緒に変更されるようになっています。

が、何らかの原因で、キーチェーンのパスワードが変更されないことがまれにあります。

その場合、MacOSのログイン・パスワードとキーチェーンのパスワードが一致していない状態になっています。

このパスワードの不一致が、くり返しパスワードを求められる原因なんです。

対処:パスワードの不一致を解消する

対処としては、MacOSのログイン・パスワードと、キーチェーンのパスワードを同じにします。

具体的には、Macのキーチェーンアクセスを使って、キーチェーンのパスワードをMacOSのログイン・パスワードと同じにします。

Launch Padから「キーチェーン」を検索して、キーチェーンアクセスを起動しましょう。

キーチェーンアクセスが起動したら、左ペインの「ログイン」をクリックします。

その後、Macのメニューバーから「編集」–>「キーチェーン”ログイン”のパスワードを変更」をクリックして、「古いパスワード」と「新しいパスワード」を入力します。

このとき、必要となるのは「古いMacOSのログイン・パスワード」と「新しいMacOSのログイン・パスワード」です。

はて・・・新しい方はわかっても、古い方は忘れちゃったな・・・なんて方は・・・

残念ですが、キーがついていない新しいキーチェーンの作り直しになります。

古いパスワードを忘れたということは、これまで使っていたキーチェーンの「カギ」(=パスワード)を失くしてしまったということなので。

手順は以下になります。

再度Macにログインするときに、MacOSのパスワードをキーチェーンに保存します。

新しいキーチェンにはカギがついていませんので、これまでアクセスしたことのあるWebサイトでも、IDとパスワードがわかりません。

どこにもIDとパスワードを記録していない場合は、ご面倒ですが、WebサイトにIDとパスワードを問い合わせてください。

このように、キーチェーンのパスワード=MacOSのパスワードはとても重要なんです!

絶対に忘れないように、あなただけがわかる方法で、記録しておいてくださいね

なぜ古いパスワードを覚えていないか?

古いパスワードを覚えていない理由は、パスワードを普段入れなくても使える設定をMacにしているからです。

Macの設定により、スリープ(一定時間不使用後に低電力モードになること)が解除されたあと、パスワードを入力しなくても、すぐにMacを利用することができます。

上記の図で④チェックが無い場合、普段、パスワードを入力しなくてもOKです。

こうすると、パスワードを入れずにすぐにMacを利用できるので、使い勝手はいいかもしれませんね。

ただ、どこかにMacOSのログイン・パスワードを記録していない場合、何日も経った後、パスワードを覚えていられる自信がありますか?

そしてMac OSのアップデートを適用したときに「再起動」が必要となる場合がたまにあると思いますが、このとき、MacOSのログイン・パスワードの入力が必要になります。

このときにパスワードがわからない!ってなってしまうんですよね。

そしてMacOSのパスワードをリセットして、何とかMacにはログインできたとしても、今度はキーチェーンの解錠ができない!ということになってしまうんですね・・・

なので、面倒でもMacOSのログイン・パスワードは毎回入力する設定にして、絶対に忘れないようにしましょう。

iCloudキーチェーンの場合、Appleが救ってくれるかもしれない

ただし!このキーチェーンをMacの内蔵ディスクではなく、Appleが管理するiCloudにおいている場合は、Appleが救ってくれる可能性があります。

自分がキーチェーンをローカルに置いているのか、iCloudに置いているのかはここから確認してみましょう。

iCloudの「キーチェーン」にチェックが入っている場合は、キーチェーンはiCloudに保存されています。これを iCloudキーチェーン といいます。

iCloudキーチェーンには、錠前をあけるためのカギとなる「iCloudセキュリティコード」が必要となります。

このiCloudセキュリティコードを何度も間違えると、iCloudキーチェーンが使えなくなります。

そうなったときには、Appleサポートへ問合せてくださいね。助けてもらえるかもしれません。

キーチェーンは暗号化されてiCloudに保管されているので、カギとなるパスワードを知らないAppleも中身を見ることはできませんが、リセットする方法があるようです。(未確認)

Apple IDの2ファクタ認証を設定する

Appleサポートに問い合わせることができるとしても面倒なので、iPhoneなど、Mac以外にiOSデバイスをお使いの方は、Apple IDの「2ファクタ認証」を設定しましょう。

2ファクタ認証を設定すると、iCloudキーチェーンに必要なiCloudセキュリティコードが不要になります。

Apple IDの2ファクタ認証とは、簡単に言えば2種類のコードで認証することです。

2種類とは、Apple ID+パスワードと、登録したデバイスへ送信された6桁のコード(毎回変わる)です。

確認や設定の方法については、別途お伝えしようと思いますが、こちらまたはこちらの記事が参考になります。

この場合、Apple ID+パスワードも絶対忘れないようにしましょうね。(MacOSのID+パスワードとは異なりますからご注意ください)

まとめ

結論:MacOSのログイン・パスワードは絶対に忘れないようにする。ログイン・キーチェーンは、iCloudキーチェーンにしておく。

  • Macのログイン・キーチェーンは複数のカギ(ID+パスワード)をたばねたもの
  • ログイン・キーチェーンにも錠前がついていて、カギ(パスワード)がないと開かない(使えない)
  • ログイン・キーチェーンのパスワードはMacOSのログイン・パスワードと同じ
  • ログイン・キーチェーンのパスワードを何度も聞かれるのは、MacOSのパスワードとの不一致が原因
  • パスワードを何度も聞かれたら、キーチェーン・アクセスからキーチェーンのパスワードを変更する
  • 古いMacOSログイン・パスワードを覚えていない場合、キーチェーンを作り直しに
  • 作り直すと、古いログイン・キーチェーンは使えないので、記録してあった複数のパスワードがパーに
  • MacOSのログイン・パスワードは絶対に忘れないよう、面倒でも毎回入力
  • iCloudキーチェーンにしておけば、いざというときにAppleサポートに助けてもらえるかもしれない
  • さらにiOSデバイスを持っているなら、Apple IDの2ファクタ認証にしておくのが確実

 

苦手なITはひとりで悩むな!

いや〜、キーチェーンって難しいですよね(笑)。こんなことで悩んでいたら、仕事が手につきません。今回の記事を参考に、IDとパスワードの管理の仕方を見直してみてくださいね。

 

きれいに流れるWeb集客の仕組み化の専門家 林宏保

■メルマガ『きれいに流れるWeb集客の仕組み化7ステップ』 無料で配信中:こちらから

 今ならすぐに使える3大特典をプレゼント中。

 

コメントする

*
*
* (公開されません)

20 − 8 =

フェイスブックにコメントする