2ファクタ認証って何??:Mac, iPhone

2ファクタ認証って何??:Mac, iPhone

今回は前回お伝えしたMacのキーチェーンにからんで「2ファクタ認証」について解説します。

Q. 誕生日とか自分の名前とか、簡単なパスワードを設定していると、勝手にログイン、場合によっては乗っ取られて、自分ばかりか友だちにも迷惑をかけることもあるから、難しくした方がいいよ。と勧められるんだけど、簡単にできる気がしません。簡単だけど、ログインしにくいパスワードってないかな?

A. iPhoneやMacなどアップル製品をお使いの方なら、Apple IDについては、2ファクタ認証はいかがですか?

パスワード + 一回限りの数字

この組み合わせで、本当にあなたかどうかを判断する仕組みです。

これだとパスワードだけではなく、ランダムな数字と組み合わせられるから、簡単にはログインできません。でもあなたにとっては簡単なんです。

今回の記事の対象は、iPhone、iPad、およびMacなど、何かしらアップル製品を使っている方です。

それでは解説しますね。

Apple IDって何だっけ?

2ファクタ認証とは、Apple IDの確認方法なんですが、そもそもApple IDって何だかわかりますか?

そんなときは、アップルさんのページから借用してきましょう。

Apple ID とは、App Store、Apple Music、iCloud、iMessage、FaceTime などの Apple のサービスを利用する時に使うアカウントのことです。たった一つの Apple ID とパスワードで Apple のすべてのサービスにサインインできます。

Apple IDの作成と試用

ということで、iPhone持っている人だったら、誰でも持っているIDですね。

2ファクタ認証?何それ??

では2ファクタ認証とは何のことでしょうか(笑)?これもアップルさんのページから借用してきましょう。

2 ファクタ認証は、Apple ID の認証を二重化することでセキュリティを強化し、たとえパスワードが他人に漏れても、本人以外はアカウントにアクセスできないようにする認証方式です。

Apple IDの2ファクタ認証

パスワードが漏れても、本人以外はアクセスできないらしい!これはいいかも!

でもちょっとわかりずらいかもしれないので、もう少しかみくだいて言うと、

パスワード + 一回限りのランダムな6桁の数字(パスコード)

で、本当にあなたが「あなた」なのかを確認する方法です。

パスワードだけで確認するよりは、安全でしょ?

よりわかりやすくイメージにするとこんな感じになります。

2ファクタ認証を有効にする

iPhone編

設定画面から設定します。

電話番号登録時には、SMS(ショートメッセージサービス)か音声を選択できます。

これは、お持ちのiPhoneでもいいですし、Androidスマホ、ガラケー、家の固定電話でもいいです。

ただ、固定電話の場合はSMSを受信できないので「音声」にしてくださいね。

Mac編

システム環境設定から「iCloud」の設定をします。

これで準備OKです。

2ファクタ認証を試してみる

では2ファクタ認証を試してみましょう。

Macでも、Windowsでもいいので、以下のURLをクリックしてみてください。

icloud.com

あるいは

appleid.apple.com

Apple IDとパスワードを入力する画面があらわれます。(以下はappleid.apple.comにアクセスした場合)

Apple IDとパスワードを入力してください。ちなみにこのApple IDとパスワードは絶対に忘れないようにしてくださいね。

すると、今度はこんな画面があらわれるはず。

と同時に、先ほど2ファクタ認証を登録したデバイス(iPhone、あるいはMac)にこんなメッセージが届きます。

許可する」をクリックすると、こんな6桁のコードが表示されます。

これをさきほどのログイン後の画面に入力。

これで2段階のログインが完了して、画面が現れます。

登録した電話番号は何のために?

iPhoneやMacなど、登録したデバイスに何らかの原因でパスコードが送られない場合、あらかじめ登録した電話番号にパスコードを送るためです。

Androidスマートフォンはもちろん、ガラケーでも、固定電話でもいいんですよ。

スマートフォンやガラケーならSMS(ショートメッセージサービス)か音声で、固定電話でも音声でパスコードを送ることができます。

Mac使いが絶対に忘れてはいけないもの

絶対にApple IDのパスワードを忘れないようにしましょうね。

Mac使いなら、これに加えて、Macにログインするときのパスワードも忘れずに。

※参考記事:キーチェーンのパスワードを何度も聞かれる

まとめ

iPhoneやMacを使っている人は、Apple IDだけですが、2ファクタ認証を使ってセキュリティを強化しましょう。

その際、絶対にApple IDのパスワードは忘れないようにしましょうね。

Apple ID以外のパスワードはどうするの??これはまた別の機会にお伝えしますね。

 

苦手なITはひとりで悩むな!

iPhone/iPad使い、Mac使いの方は、ぜひ2ファクタ認証に挑戦して、セキュリティを強化しましょう。

 

きれいに流れるWeb集客作りの専門家 林宏保

■メルマガ『きれいに流れるWeb集客の仕組み作り』 無料で配信中:こちらから

 今ならブログ/フェイスブックからファースト・キャッシュまでの全体像がひと目でわかる「ロードマップ」をプレゼント中。

 

コメントする

*
*
* (公開されません)

one × 1 =

フェイスブックにコメントする