海外在住者がLINE@を始める方法

海外在住者がLINE@を始める方法

ブログ、フェイスブックから1stキャッシュまで
きれいに流れるWeb集客の仕組み化の専門家
林宏保です。

最近LINE@が熱いです。あなたは、LINE@はもうお使いですか?

LINEとLINE@の違いを簡単に説明するとこんな感じになります。

LINEは1:1のコミュニケーション・ツールで、LINE@は1:Nで情報配信するツール。

例えていうと、LINE≒メールだとすると、LINE@≒メルマガです。

LINE@は、もともと企業向けのLINEとして使われていたものが、個人事業主も使えるようになったという経緯があります。

 

基本、LINEができるスマホがあればLINE@もできますので、LINE@は誰でも簡単に始められます。

そして、LINE@の最大の特徴は、1:1トークができること。

マーケティング上、これは絶対に使った方がいい。

LINE@を使う理由はこの1:1トークでコミュニケーションが取れること、と言っても言い過ぎではありません。

ただし!

1:1トークの前提となる「年齢認証」ができるのは、ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリア+LINEモバイル(Y!モバイル)のみとなります。

それ以外のキャリアでは「年齢認証」ができないため、1:1トークができません。(それ以外のLINE@機能は使えます)

なので、LINE@を使うならキャリア選択が重要なのです。覚えておいてくださいね。

 

でここからが本題。

先日、クライアントさんよりこんなご相談をいただきました。

 

私、北米に住んでいるんですけど、LINE@やりたいんです。1:1認証、何とか使えないでしょうか?

 

海外でもLINE@を使うことはできます。

ただ、アメリカであれば、VerisonとかT-Mobileといった現地のキャリアを使うので、そのままでは1:1認証ができません。

ではLINE@の1:1トークを使えないのか?

結論から言うとできます

ただし、日本の3大キャリア or LINEモバイル(Y!モバイル)を使っている協力者が必要になります。

イメージとしてはこんな感じ。

最初に協力者にアカウントを作成してもらいます。

その後、協力者にあなたを「管理者」として追加してもらってください。

なお私が実施に確認したところでは「管理者」としての追加は、PCからでないとできませんでした

そして、協力者から「決済者」の権限を渡してもらうこともお忘れなく。

有料のサービスを利用する場合に、協力者に請求が行ってしまいますので(笑)

 

詳細なやり方の説明は、LINE@の友だち登録の特典として用意しています。

下記「きれいに流れるWeb集客の仕組み化7ステップ」にご登録後、ご案内される画面からLINE@の友だち登録してご覧くださいね。

※この方法を使えば、国内でも格安SIMで1:1トークを使えます。が、あくまでも自己責任でお願いします。

きれいに流れるWeb集客の仕組み化の専門家 林宏保

■メルマガ『きれいに流れるWeb集客の仕組み化7ステップ』 無料で配信中:こちらから

 今ならすぐに使える3大特典をプレゼント中。

 

コメントする

*
*
* (公開されません)

three × five =

フェイスブックにコメントする