ホヤホヤ起業家にホームページ作りをオススメしない理由

ホヤホヤ起業家にホームページ作りをオススメしない理由

これから起業しようと考えている企業家予備軍の方から、よく「ホームページを作成したい」とご相談いただきます。

お話をよくよくお聞きしてみると、

 

・ネット上での情報発信は今までしていない

・自分のビジネスを多くの人に知ってもらいたい、そのためにはホームページでしょ?

・見栄えの良い、格好いいホームページにしたい

・(できれば)ホームページで商品やサービスを販売したい

 

ということが多い。

そんな人に対して私は「いきなりホームページを作成するのは辞めた方がいいですよ。」とお伝えしています

なぜなら・・・

・これから自分を知ってもらうなら、他に良い手段がある

・見栄えだけでは見られるホームページにならない

・ホームページだけでモノを売るのは難しい

・(売らないとすると)ホームページを置く目的が漠然としている

 

からです。もちろん商品やサービスの内容によっては、この限りではありませんが。

 

起業家予備軍の方なら、まずは見込み客に自分を知ってもらうことが先決です。

ネット上で自分を知ってもらえる手段は何でしょうか?

あなたが商品やサービスを探すときの手段を考えてみて下さい。

あなたの見込み客は、ネットであなたをどうやって探すと思いますか?

 

 

多くの人はGoogleなどの「検索エンジン」で探すと思います。

だから最初に「見栄えの良いホームページさえ作っておけば・・・」というのは、一見理にかなっているようにも思えますが・・・

 

現在、検索エンジンで探してもらうためには、ページの「定期的な更新」が必要とされています。

構成の仕方にもよりますが、ホームページはコンテンツが固定されることが多いですよね?

定期的なページの更新ができるメディアと言えば「ブログ」です。

 

ちなみにフェイスブックやツイッターへの投稿は、時間が経つにつれ読めなくなるので、別の使い方をします。まずは「ブログ」を使って情報発信をしましょう、とお伝えしています。

 

お客様の立場で考えればわかると思いますが、名前も知らない人からいきなりホームページを見ただけで商品を買うことってほぼないですよね?

 

人は「セールスされること」を嫌います。だから、ネットで商品を売ろうと思ったら、セールスの前にやることがあるんです。

それは「自分に興味をもってもらうこと」です。見込み客はそもそもあなたのことを知りません。

 

見込み客に対して、

 

・あなたがどんな人物なのか?

・何の専門家なのか?

・あなたが何を提供してくれるのか?

・なぜお客様のお役に立てるのか?

 

などを時間をかけて伝えて、興味を持ってもらうのが最初です。

そのために「ブログ」ってうってつけですよね。

 

ホームページでいきなり商品を売るのは難しいから、まずはブログで興味を持ってもらう。

ではホームページを置かなくてもいいのか?というと必ずしもそうではありません。

数千円から数万円程度の『定常的に販売できる商品・サービス』を『数多く売る』のであれば、ホームページを作ってそこで販売するほうが、手間が省けます。

ブログからホームページへのリンクを貼ってください。

あるいはホームページの中にブログのコーナーを設けて、定期的に情報更新してもよいでしょう。

ただし5万円以上の高額商品は、ホームページだけで売るのは難しいと考えて下さい。

人はセールスされることを嫌います。

かと言って単なる情報提供だけでは、「ただのいい人」で終わってしまいます。

あなたのビジネスにつなげるために、焦らずまず「興味を持ってもらう」ことから始めてみて下さいね。

 

きれいに流れるWeb集客の仕組み化の専門家 林宏保

■メルマガ『きれいに流れるWeb集客の仕組み化7ステップ』 無料で配信中:こちらから

 今ならすぐに使える3大特典をプレゼント中。

 

コメントする

*
*
* (公開されません)

seven + seventeen =

フェイスブックにコメントする